2022年にトレーニングする為の8つのトレンドと専門家のヒント

2022年のトップフィットネストレンドは何ですか?私たちの多く(ほとんどすべての人)は、健康、フィットネス、運動、そして体調を整えたり維持したりすることを含む新年の決意を持っています。

新しいウェアラブルテクノロジー、屋外トレーニング、ホームジムなど、2022年のパーソナルフィットネスとエクササイズの世界におけるトップ7のトレンドと専門家のヒントのリストを紹介致します。

 

2022年のトレーニングに関するトップトレンドは?

私たちの生活のほぼすべての側面に影響を与えたパンデミックの2年目に入るとは信じがたいですが、現在の生活とCOVID以前の生活との最も重要な違いの1つは、フィットネスとの関係がどのように変化して進化したかです。

 

2022年に入ると、最新のフィットネストレンドを調べて、動き続けるための新しい方法を検討するきっかけになることを期待しています。それらはすべて私たちのライフスタイルに合うわけではないかもしれませんが、おそらくいくつかは共鳴し、私たちのやる気と健康を維持するのに役立ちます。

2022年の最もホットな7つのフィットネストレンドについての見解を示しました。

 

1.ウェアラブルテクノロジー

ここで驚くことはありません。フィットネストラッカー、スマートウォッチ、心拍数モニターなどのデバイスは、過去数年間で上位3つのトレンドになっています。ますます多くの人々がフィットネスにDIYアプローチを採用するにつれて、データが重要になります。以下からの睡眠パターンにステップ、などのトラッカーアップルウォッチは、フィットビットとフープは、あなた自身のように振る舞うことができ、個人コーチあなたの目標を達成するのを助けるためにカスタマイズされたアドバイスとモチベーションを提供します。

2.ホームジム

昨年のACSMのトレンド結果から2つのスポットを上げているのは、ホームジムです。回答者全員がマスクをつけたままジムでエクササイズを試みたことは間違いありません。しかし、原因のような直感的かつ最小限に設計されたマシンの相対的な到達可能にペロトン、ミラー、 色調、またはHydrow、それはかさばる機器とそれを乱雑にすることなく、自分の家での効果的なワークアウトを設定するためにこれまで以上に簡単になりました。事前に録音されたアプリとライブクラスでパンデミックが始まって以来、ストリーミングサービスも大幅に改善されました スケジュールに合わせて、その逆ではありません。

 

3.仮想および対面のハイブリッドトレーニング

ジムチェーンとスタジオは、絶えず変化するCOVIDのルールとバリエーションに照らしてピボットする必要がありました。対面トレーニングと仮想オプションを組み合わせたハイブリッドトレーニングに参加してください。ジムに通う人は、クラスの他の人からのエネルギーで繁栄することがよくあります。そのため、コミュニティの感覚を生み出す接続されたフィットネスデバイスが最も成功しています。で2018年の研究ではランセット精神、チームスポーツ、ジム活動の参加者は、下のメンタルヘルスの負担を感じて報告しました。しかし、そうすることが安全でない場合はどうでしょうか。

 

4.屋外運動

2019年、屋外運動は第1位にランクされました。ACSMによる17のフィットネストレンド。今年—そうではありません。3. RunRepeatの 2021年のフィットネストレンドレポートでは、アクティブな成人の59%が、健康を維持するための頼りになる方法としてアウトドアアクティビティを選択しました。それはだかどうか歩行のような低強度の活動やマウンテンバイクのような高強度、以上の 千件の研究では、 などの健康上の利点に緑の空間での屋外の時間をリンク低血圧、健康な神経系、および改善ムード。私たちは皆、検疫の最初の日にこれを直接経験しました、そしてそれは私たちが忘れていない教訓です。

 

 

5.フェイシャルエクササイズ

腕やコアをターゲットにすることは誰もが知っていますが、今は顔を鍛える必要がありますか?うん—今年は「フェイスヨガ」がさらに盛り上がるのを見るでしょう。FaceGymの創設者インゲセロンは忘れを指し、顔に40個の筋肉としているマッサージ導きと練習するために意図されている『リフト、トーン、およびスカルプトに筋肉の記憶を作成します。』そして、パトリシア・サン・ペドロの著者顔フィットネスは、顔のエクササイズををもたらすことが信じているより良い製品の吸収、平滑化ライン、そして明確に、より均一トーンの顔色。

 

 

6.マイクロワークアウト

研究は、参加者 がより中程度の強度のトレーニングと比較して25%-30%多くのカロリーを燃焼するのを助けることができるより短く、より激しいトレーニングの有効性を指摘しています。どこでサインアップしますか?

新しいウェアラブル技術を含む、2022年のパーソナルフィットネスとエクササイズのトップ7のトレンドと専門家のヒント。

それのかどうかはフリーウェイトと筋力トレーニングや10分体重のトレーニングプログラム、ミニワークアウトは、コミットメントの携帯電話と時間クランチ開始および終了するのを開始することは容易です。これらのいくつかを1日を通して行うと(これらのヨガパンツにとどまる良い言い訳です!)、1時間のクラスを行うのと同じ結果が得られます。

他の研究によると、通常1日8時間座っている人の中で、就業時間中に1時間ごとに5回の4秒サイクリングスプリントを完了した人(合計160秒の運動)では、トリグリセリドレベルが31%低く、体が43%高くなっています。 -翌日の脂肪代謝。それの長短は…数秒間動くことは何もないよりはましです。

 

7.パーソナルトレーニング

トレーニングにおいて、個人の性格や、環境、ライフサイクルに合わせて、最大限効果的な効果をだすトレーニング指導をしてくれるパーソナルなトレーニングがさらに今後も広がっていくと思われます。

日本における環境というのは、様々な事を対価を払ってその道のプロにお願いするという事が広がってきています。

トレーニングに関してもその傾向がどんどん強くなってきています。それは、求める目標が高いユーザーが増えてきたことが上げられます。

例えば、プロの野球選手であっても、監督や、副監督、トレーナーの意見などと、自身の状況などを考えて、最速、または最大限の効果がでる道を模索すると思います。

これは、いくら身体的に高い能力をあるプロ野球の選手であっても、そのトレーニングの方向性や、目標が定まっていないと、意味のないトレーニングや、効果が出にくいトレーニングに時間を費やしてしまうと事に繋がるからです。

一般のユーザーも、そのプロ野球選手ほどではありませんが、意識が高いユーザーが増えてきている事が上げられます。

それは、日々の生活の中でネットの情報や動画の情報などで、何をすべきという漠然とした情報は反乱していますが、自分自身にとってはどういう内容が一番いいのか?

という事は、見えていそうで見えない、わかりそうで分からない、正しい情報を選択しているようで、本当に正しいかどうかはわかっていないわけです。

 

そこは第三者の意見、それもその道のプロが見る第三者の意見がなければ、最速または最大限の効果を得にくいからです。

だからこそ、パーソナルトレーニングという世界、パーソナルジムというサービスがこれだけ広がってきたという事です。

そして、今度はそのパーソナルジムでどこがもっともあなたに合っているのか?という事を探すという事になります。

そういった意味で新宿でパーソナルジムを探されるのであれば、こちらの表参道 パーソナルジムがおすすめです。